診療について

CONSULTATION
最新の知見に基づいて
最先端の技術を持って
世界トップレベルの医療を地域へ
当院では、周産期、婦人科腫瘍、生殖内分泌、女性ヘルスケアの各専門領域に特化した診療スタッフが、皆様に安心して診療を受けて頂けるよう、日々知見を新たにし、最先端の技術を磨き続けながら、日々の診療に取り組んでおります。また、当院の関連病院やかかりつけ開業医の先生がたと、密に連携しながら、地域に根付いた診療を行っています。

また、当科では婦人科良性疾患に対して腹腔鏡下手術を積極的に施行しています。特に不妊症の原因となる子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫に対する不妊症治療としての内視鏡手術に力を入れており、全国有数の症例数を誇ります。また、婦人科悪性腫瘍に関しても近年、早期子宮体癌に対して保険適応が認められ、その実績を重ねています。

当科では腹腔鏡下手術に対して十分な経験を持ったスタッフが必ず手術に対応するシステムをとり、高度かつ安全性を重視した手術を心がけています。当科の腹腔鏡下手術スタッフは、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定(腹腔鏡・子宮鏡)、日本内視鏡外科学会技術認定を有しています。また、日本産科婦人科内視鏡学会、日本エンドメトリオーシス学会、日本生殖医学会など関連学会の常任理事および評議員として、また、近畿婦人科内視鏡研究会、京都婦人科鏡視下手術研究会の理事、評議員、世話人として高度かつより安全で有効な腹腔鏡下手術の普及に対する責務の一翼を担っています。

婦人科と同じく骨盤内臓器をあつかう消化器外科および泌尿器科腹腔鏡下手術専門医と強く連携していることも当科の特徴で、特に子宮内膜症において子宮や卵巣の周辺にある膀胱、尿管、直腸などの重要な骨盤内臓器を浸潤することがありますが、このような重症症例において合同で手術を多く行っています。

初診について

FIRST VISIT
当院への受診は、基本的にはかかりつけ医からの紹介状を持参して頂くこととしています。初診料を持たない場合は、初診料とは別に「選定療養費」として5500円をご負担頂きます。

当院への受診方法については京都府立医科大学附属病院のホームページをご覧ください。

専門外来表

専門外来 診療内容 診療スタッフ
周産期 正常妊娠・分娩 藁谷深洋子
田中 佑輝子
志村 光揮
胎児外来やハイリスク妊娠の受け入れ
胎児超音波遠隔診断
妊娠と薬外来
助産外来
婦人科腫瘍 子宮がん検診 森 泰輔
寄木 香織
古株 哲也
片岡 恒
垂水 洋輔
婦人科がん治療 (子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん、外陰がん etc.)
セカンドオピニオン
生殖内分泌 体外受精を含めた不妊治療 楠木 泉
伊藤 文武
沖村 浩之
子宮内膜症治療
がん・生殖医療
女性ヘルスケア 月経異常、月経関連疾患(月経前症候群など)、卵巣機能不全 楠木 泉
伊藤 文武
前田 英子
良性腫瘍(子宮筋腫、卵巣嚢腫 etc.)の治療
更年期障害、骨粗しょう症、アンチエイジング
排尿障害、骨盤臓器脱の治療
感染症
産婦人科遺伝疾患 産婦人科遺伝相談 前田 英子
染色体検査など