婦人科腫瘍

最先端かつ安全、安心の癌医療を、地域のために

腫瘍外来

われわれ婦人科腫瘍グループは、婦人科臓器に発生する腫瘍性病変の診断・治療を専門としております。婦人科臓器といっても、外陰・腟・子宮・卵巣・卵管と幅広い臓器を含んでおり、腫瘍の発生母地となる臓器によって個別の専門的治療が必要となってきます。また、悪性腫瘍の診療ばかりではなく、子宮頸部異形成などの前がん病変の診療、また子宮頸がん予防ワクチン接種などにも積極的に取り組んでおります。

昨今、婦人科腫瘍の一部においては若年女性や未産婦の増加が報告されており、少子化に悩むわが国においては由々しき事態であると考えています。また、がん治療における生活の質(QOL)の保持といった視点も重要視されつつあります。将来的には、がんの一次予防、がん検診などの更なる普及、妊孕性(妊娠の可能性)・機能温存を志向したより低侵襲な治療などの開発が急務です。もちろん、腫瘍の治療においては根治性を損なうことがあってはなりません。われわれのグループでは個々の症例に対してグループ内で十分なディスカッションを行い、エビデンスにもとづいた診療を提供しようとスタッフ全員が心掛けております。
実際の診療にあたっては、病態を分かり易く、かつ詳しく説明し、患者さんと相談しながら 治療法を選択して行きたいと考えます。

悪性腫瘍の治療というのは、手術・抗がん剤などの化学療法・放射線治療といった積極的治療、そして疼痛や不安などの随伴症状を和らげることを主とする緩和治療が柱になります。
したがって、がん診療においては他の科との連携が大切です。大きな手術を必要とするようなケース、例えば子宮・卵巣以外の臓器を切除する必要がある場合は、消化器外科や泌尿器科と共同して手術にあたります。子宮頸がんでは放射線治療を選択することも多く、放射線科医との連携は欠かせません。さらには、がんによる痛みや不安を取り除くため、ペインクリニックや緩和ケアチームと随時相談しています。大学病院という特徴を生かした、集学的な診療を提供して行きたいと考えております。
がん治療の目指すところが「がんの治癒」であることはいうまでもありません。それに並ぶ大きな目標といえば、”患者さんの社会復帰”だと考えます。
我がグループでは積極的に外来化学療法を取り入れ、不要な入院生活を省くことで、日常生活を損なわずに治療を受けられるよう配慮しています。外来化学療法により、日帰りでの抗がん剤治療が可能になっています。
新規の治療の開発・研究・確立のためには、他施設や関連病院との共同研究や連携は欠かせません。婦人科悪性腫瘍化学療法研究機構(JGOG)や関西臨床腫瘍研究会(KCOG)、医師主導型臨床試験などの多くの施設と共同して行う臨床研究に積極的に参加しております。
といいますのも、臨床試験などへの参加ががん診療の質を上げると考えているからです。
結果的には患者さんにも大きなベネフィットをもたらすことにつながります。適応する疾患に関しては臨床試験のことも随時お話ししております。

対象疾患
  • 子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん、卵管がん、外陰がん、腟がん等の悪性疾患
  • 子宮頸部異形成などの前がん病変
  • 子宮頸がん予防ワクチン接種
対象疾患

月、火、水、木、金の毎日で腫瘍外来を開いています

担当医師

5人の専任スタッフが対応致します

月曜日 森 泰輔
火曜日 澤田守男
水曜日 辰巳 弘
木曜日 黒星晴夫
金曜日 松島 洋

妊孕性温存・機能温存・低侵襲手術の紹介

1.初期浸潤子宮頸がんに対する妊孕性温存を目指した手術

子宮頸がんの根治を目指した治療として、従来から広汎子宮全摘術と放射線治療が行われてきました。いずれの治療法も、がんの根治性とひきかえに女性内性器の機能を廃絶してしまうというものでした。子宮頸がんは若年女性の罹患者が近年増加しているという特徴があり、妊孕性温存という視点は欠かせないのが現状です。

われわれの施設では、子宮頸がんでもごく早期の場合、妊娠の可能性を残す手術、『広汎子宮頸部摘出術(トラケレクトミー)』を行っています。もちろん、子宮頸がんの状態(病理組織、がんの拡がり、患者さんの状態など)によって適応可能かどうか、慎重に判断することになりますが、お悩みの際は腫瘍外来にご相談ください。


2.外陰がん根治手術における整容性に優れた外陰部再建手術

外陰に発生した悪性腫瘍を根治する目的で、広汎外陰全摘術が従来標準手術術式として行われています。しかし、広範な外陰部欠損を来すため、外陰部の再建術が必要となります。様々な再建法が試みられてきたが、いずれも欠損部の補充という性格が強いものであり、皮弁そのものが不安定で、整容性や大きさの調節といった点でも満足したものがありませんでした。
1996年に初めて報告された『臀溝皮弁』という再建方法は、それらの欠点を十分補いうる外陰部再建術であると考え、形成外科医の協力のもと、積極的に導入しております。

3.子宮体がんに対する妊孕能温存療法

現在、子宮体がんは増え続けております。

昨今の晩婚晩産化の風潮とともに、子供さんを希望し産婦人科を受診された際に婦人科がんが見つけられるケースも散見されます。子宮体がんの治療法は原則、子宮と両側卵巣を摘出することであり、妊娠を断念せざるを得ません。われわれの施設では30年前より子宮体がんに対するホルモン療法に着目し、腫瘍に対する効果を報告するなどその妊孕性温存療法の確立に尽力してきました。的確な病理組織診断、臨床画像診断、患者さんのリスク評価など十分安全な範囲で慎重に、さらに生殖医療不妊グループと協力してホルモン療法の適応を検討いたしますのでお悩みの際は是非腫瘍外来へご相談ください。

4.婦人科悪性腫瘍に対する低侵襲手術

婦人科領域の悪性腫瘍に対する標準手術は従来開腹手術のみでした。手術の技術向上や医療機器の進歩により、疾病の根治性および手術の安全性は著しく向上しました。しかしながら、侵襲の大きな開腹手術後には、どうしても避けられない合併症や疼痛によりQOLが低下し、長期にわたり社会復帰や家庭復帰が困難となることがあります。また術後回復期間の延長により、術後補助治療(化学療法や放射線療法)が必要なケースで治療開始時期が遅れてしまうこともあります。このような問題を改善する目的で、より侵襲の少ない手術として腹腔鏡下手術がおこなわれるようになってきました。腹部数か所に小さな穴を開け、その穴から内視鏡で腹腔内を観察しながら鉗子操作を行うことが特徴であるため、整容性に優れており、術後疼痛軽減、入院期間短縮が可能となりました。

  • 【1】子宮体がん(子宮内膜癌)に対する腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術

    先進医療(腹腔鏡下子宮体がん根治手術)を経て、2014年4月に、進行期がIA期の子宮体がんに対する腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術が保険収載されました。ただし、この手術は高度な医療技術を必要とするため、どの施設でもおこなってよい手術ではなく、厚生労働省が定める施設基準および術者基準を満たした認定施設に限定されています。当院は2013年2月に先進医療の認可を受け、厚生労働省の認定施設として2014年4月より保険診療として手術を継続しております。したがって、当院では根治性や安全性に加え、費用面でも安心して手術を受けていただくことが可能です。
    現在、組織型が類内膜腺癌 (G1、G2) で進行期が?A期の症例に対し、全腹腔鏡下子宮全摘出術、両側付属器摘出術、骨盤リンパ節郭清術をおこなっています。2015年3月末までに30件以上の手術をおこないましたが、根治性、安全性ともに開腹手術と同等であり、良好な手術成績を収めております。出血量減少、疼痛軽減、入院期間短縮(通常、術後5日で退院)といった点でも、優れた効果を認めております。子宮体がんの治療で腹腔鏡下手術をお考えの場合、手術の詳細につき、腫瘍外来で是非ご相談ください。

  • 【2】子宮頸がんに対する低侵襲手術
    腹腔鏡下広汎子宮全摘術

    本邦では、進行期がIA2期からIIA1期までの子宮頸がんに対する腹腔鏡下手術として、腹腔鏡下広汎子宮全摘術が2014年12月に先進医療として承認されました。当科では、IA2期からIB1期までの子宮頸がんに限定して腹腔鏡下広汎子宮全摘術をおこないます。手術適応があり、腹腔鏡下手術による治療をお考えの場合、手術の詳細につき、腫瘍外来で是非ご相談ください。

    ロボット支援手術

    本邦では泌尿器科で前立腺がんに対するロボット支援前立腺全摘除術が保険収載されており、その手術件数が著しく増加しています。本邦の婦人科領域でのロボット支援手術は未だ先進医療や保険診療としておこなわれていませんが、海外では婦人科領域の低侵襲手術として腹腔鏡下手術以上に導入が進んでおり、米国では婦人科でのロボット支援手術件数が全科で最も多くなっています。今後、本邦の婦人科領域でもロボット支援手術は有効な選択肢となる可能性があり、当科でも導入いたしました。
    開腹手術や腹腔鏡下手術と同様に、ロボット支援手術においても最も重要なことは、その特徴を理解し、安全性、根治性を確保することです。ロボット支援手術の特徴として、
    (1)3次元画面ー3D、(2)15倍まで術視野拡大が可能ということが挙げられますが、これらにより、骨盤深部の狭い空間で血管・神経の走行が極めてよく見えるという利点があります。また(3) 人間の手首関節と同等以上に動く鉗子操作、(4) 手振れ防止システムの搭載により、骨盤深部の狭い空間でも、複雑な手技が正確におこなえるようになりました。したがって、骨盤深部の複雑な操作を必要とする子宮頸がんに対し導入しました。適応について腹腔鏡下手術と同様に、進行期をIB1期までに限定しております。ロボット支援手術による治療をお考えの場合、手術の詳細につき、腫瘍外来で是非ご相談ください。