当科における専門研修プログラム

産婦人科専門研修プログラムについて

近年「専門医」の広告化により、その専門性のばらつきが問題となっております。専門医の専門性と診療能力の質を保つべく、専門医制度の見直しが行われ、現在まさに制度改革の最中にあります。このような背景の中、平成29年度の産婦人科専門医制度では、専門研修プログラムを有する「基幹施設」を中心とした専門医指導施設群での研修が義務付けられており、少なくとも半年以上は「基幹施設」での研修が必要となっています。

※ 2017年度の産婦人科専門医制度の詳細については日本産科婦人科学会ホームページをご覧ください。

当科における専門研修プログラム

京都府立医科大学附属病院を基幹施設とする産婦人科専門研修プログラムは、京都府立医科大学およびその連携指導施設によって構成される専門医指導施設群において専攻医の育成指導を行います(下図)。

本専門研修プログラムでは、基幹施設である京都府立医科大学で研修を開始した後に、連携施設で研修を行うコースを基本とし、3年間での産婦人科専門医の取得を目標とします(右図)。1年目の研修を連携施設から開始し、2年目以降に基幹施設での研修をすることも可能であり、プログラム統括責任者と相談して、各専攻医の希望で研修プログラムを決定していきます。

本プログラムにおいては、産婦人科専門医取得に加え、その後のサブスペシャリティ養成プログラムへの連続的な育成のため、個々の目的に応じた専門領域の医療技術向上および専門医取得を目指す研修コース(周産期重点コース、婦人科腫瘍重点コース、生殖医学重点コースなど)や、リサーチマインドの醸成および医学博士号取得を目指す研究活動を並行して行う大学院研修コースも提示しています。さらに、女性医師の子育てや、妊娠出産後の職場復帰の支援を目的としたプログラムを個々の希望に応じて作成します。
当院の専門研修プログラムに興味をお持ちの先生がたは当科お問い合わせ先までご連絡ください。